2006年に読んだ本の中でお勧めする本
2005年に読んだ本の中でお勧めする本
2004年に読んだ本の中でお勧めする本
2003年に読んだ本の中でお勧めする本
2002年に読んだ本の中でお勧めする本
ビジネス関連
小説
2001年以前に読んだ本の中でお勧めする本
The recommended books
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
自分を鍛える! ジョン・トッド/
渡部 昇一
三笠書房 良い習慣を身につけることの大切さ、物事を地道に積み上げていくことの大切さを教えてもらいました。今でも読み返すたびに反省させられたり、時には救いの手を差し伸べてくれたり、そして、時には厳しい言葉を投げかけてくれる。そんな本です。
ビジョナリーカンパニー
時代を超える生存の原則
ジェームス・C・コリンズ、ジェリー・I・ポラス 日経BP ある条件を満たした企業をビジョナリーカンパニーと定義し、それらの会社に共通する事項を分析しています。単なる利潤追求に勝るドライビングフォースを持った会社がビジョナリーカンパニーではないかとのこと。この本が出版されて以降、企業理念をアピールする企業が増えたように感じます。
自分の時間
1日24時間でどう生きるか
アーノルド・ベネット/
渡部昇一
三笠書房 渡部昇一さんが翻訳している、セルフインプルーブメント本は、とても良いモノが多いですが、これもその中の一冊。時間管理に関するさきがけの本。
リセット人生再起動
マニュアル
黒木安馬 ワニブックス 人生、強い思いがあればいつでも出直せる。だけど、何のために出直すのか、何がしたいのか?明確な意思がなければ意味が無い、人生の設計図、羅針盤がなければいけないと強く説く。ページをめくるたびに黒木さんのポジティブなパワーがビンビン伝わってきます。  
コアコンピタンス経営
大競争時代を勝ち抜く戦略
G・ハメル、
C・K・プラハラード
日本経済新聞社  
人を動かす D・カーネギー 創元社 今更私が説明するまでもありません。帯に書いてあった「人を動かすには人の心を動かすしかない」という言葉がこの本を最もよく表していると思いました。
人生を変える成功への
パワールール
リチャード・コッチ TBSブリタニカ 物理学や遺伝子理論、生物学など様々な学術分野の法則の中からビジネスの世界に生かせる関連性を見い出し、現実の事例にあてはめて説明する着想と試みが、ちょっと強引だがユニーク。英題:The Power Laws -The Science of Success-
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
ドラッカーの実践経営哲学 望月 護 PHP ドラッカー氏の言葉に即した現実の事象を例にあげ、大変分かりやすく解説・表現されています。地味なタイトルで、あまり知られていない本だと思いますが、2003年に読んだ本の中で、イチオシの一冊。
発想する会社
世界最高のデザイン・ファーム
IDEOに学ぶイノベーションの技法
Tom Kelly with Jonathan Littman/
鈴木主税・秀岡尚子
早川書房 IDEOには、人の発想力を最大限に発揮できる企業文化、環境が息づいています。多くのクリエイター垂涎の会社ではないでしょうか。この本に記されている、ブレインストーミングの方法には学ぶべきものが多いと思います。
自分のための人生 ウエイン・W・ダイアー/
渡部 昇一
三笠書房 「幸運は選択できないが、幸福は選択できる」こんな当たり前のことに気づきませんでした。すごく嫌なことがあった時にも、すぐにポジティブな方向に気持ちが切り替えられるようになりました。
「バカ売れ」の法則 原崎裕三 PHP研究所 「最後に勝つのは、過去の経験をまとめた真面目なバカ」だそうです。だとしたら、どんな人にもまだまだチャンスはあります。物がありあまった現代、消費者にモノやサービスを購入して頂くための考え方も学ばせていただきました。
チャンスに勝つピンチで
負けない自分管理術
長谷川滋利 幻冬社 どんな世界でも一芸に秀でた人の考え方というのは、大変参考になります。この本は、自分の仕事、生活に応用できる考え方が満載の一冊です。長谷川さんは、プロ野球以外の世界を選んでいたとしても、きっと一流の仕事をなさっていたでしょう。
鈴木敏文の「統計心理学」 勝見昭 プレジデント社 今でこそうなずける言葉が多いですが、普通の人であれば、無理だと思えるようなことを先駆けて行い、しかも成功させてきた誰もが認める天才経営者。鈴木さんがいなくなったあとのヨーカ堂はどうなるのだろう・・・人ごとながら少しだけ心配です。
仕事の思想 田坂広志 PHP文庫 仕事の報酬とは、お金だけでなく、新たな仕事や、人とのつながり、技術など、色々な形の報酬があるということを教えてくれました。
若きサムライたちへ
自分を生きる10のメッセージ
田坂広志
中谷巌
PHP研究所 若きサムライたちへ・・・ということでしたが、けっして若くない私にも、メッセージは十分伝わりました。20年前に同じような言葉が欲しかった・・・その頃の自分に理解できたかどうかわかりませんが・・・。
仕事の哲学 P・F・ドラッカー/
上田惇生
ダイヤモンド社 ドラッカー氏の今までの著書の中から珠玉の名言を編纂したもの。氏の著作を読んだことがある人は、この本を読み直すことで、また新たな発見があるかもしれません。ドラッカー本の初心者には、読みやすい本だと思います。
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
プロフェッショナルの条件 
いかに成果をあげ、成長するか
P・F・ドラッカー/
上田惇生
ダイヤモンド社 今までのドラッカー氏の著書のいいとこ取りをした入門書です。私にとって、この本がドラッカー氏の著書初体験でしたが、氏の慧眼に一気に魅せられました。仕事に知識、技術を用いる全ての人にお勧めの書!2005年11月12日逝去されました。合掌。
経営者の条件 P・F・ドラッカー/
上田惇生
ダイヤモンド社 経営者でなくとも、自分の”人生の経営”には個人個人が責任を持たねばなりません。人々がその個々の仕事、人生において、よりよい成果をあげ続けるためのヒントを示してくれる良書。 1966年の著作。
明日を支配するもの
21世紀のマネジメント革命
P・F・ドラッカー/
上田惇生
ダイヤモンド社 「変化はコントロールできない。できるのは、その先頭に立つ事だけである。」という言葉に強い感銘を受けました。すでに時代遅れになったことが明白な既得権益にしがみついている方々に是非とも読んで欲しい書。 1999年の著作。
インテル戦略転換 Andrew S. Grove 七賢出版 アンドリュー・グローブ氏の生の声が聞こえてくるような本。半導体業界の人に関わらず、全てのビジネスマンにお奨します。
頭がよくなる本 竹内 均 三笠書房 この本で紹介されていた断片活用法「KJ法」は、報告書の類を量産する私の仕事にとって、とても参考になりました。2004年4月20日に逝去されました。合掌。  
ビジネスマン奇跡の
整理術・時間活用術
Jeffrey J. Mayer/
黒川 康正
三笠書房 自分の仕事のやり方に不満があり、どうしたらいいかわからない人、仕事のやり方を見直したいという人に、一読をお勧めします。何かいい改善方法が見つかるかも。  
一人の父親は百人の
教師に勝る!
チェスターフィールド 三笠書房 自分の子供が大学生ぐらいになったら読ませたい一冊です。
おやんなさいよでもつまんないよ 松井 道夫 ラジオたんぱ タイトルは少し奇をてらってますが、すごく勉強になりました。この本で学んだことで一番印象に残っているのは、「顧客の囲い込み」はできないという事。松井社長の生のこえが聞こえてきそうな一冊。
スピード成功の方程式
あっという間に成功する50の
具体例
中谷彰宏 ダイヤモンド社 様々な実例が読みやすい文体で、興味を引く形で書かれており、自分の考え方や行動にすぐに応用できそうなアイデアが満載です。   
上司が鬼とならねば部下は
動かず
染谷 和己 プレジデント社  耳の痛い話が多かった。  誰も教えてくれない組織社会での行動規範を教えてもらった気がします。
銀座のママが教える
「できる男」の口説き方
ますい さくら PHP研究所 この人の前では、ちっぽけな下心や、虚栄心は通用しない気がします。  一度ふたごやに飲みに行ってみたいな。でも、ふところぐあいがちょっと・・・。
ディズニー七つの法則
奇跡の成功を生み出した
「感動」の企業理念
トム・コラネン/
仁平和夫
日経BP社 ディズニーが自分たちの競合だと考える企業を知ってますか?答えはこの本の中にあります。目からうろこの一冊です。この本に描かれていることが本当に行われているなら、ディズニーとはほんとうに凄い会社です。
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
カルロス・ゴーン経営を語る カルロス・ゴーン+
フィリップエリス
日本経済新聞社 生い立ちから多様な文化を経験してきた人なのですね。そういった経験が、全く違った文化を持つそれぞれの企業の統合にも生かされているのだということが理解できました。企業間や部門の協業、統合などの難しい場面に直面している方々には、とても参考になると思います。・・・唸らされるだけかな。
どん底からの成功法則 堀之内九一郎 サンマーク出版 こざかしいノウハウ論でなく、著者自身が生身で経験し、実践して得てきた教訓に満ちています。
日本人よ。成功の原点に戻れ
真のグローバリゼーションを目指して
マハティール・
ビン・モハマド
/
橋本光平
PHP研究所 世界や日本で起きている様々な事象に対して、大した考えや視点を持たない我々日本人に、新たな視点を与えてくれます。
運に選ばれる人
選ばれない人
桜井章一 東洋経済新報社 精神的に落ち込んでいて、仕事に行くのがちょっと億劫な気分の朝に、パラパラとページをめくると、その日一日の運が開けるような”気付き”を与えてくれます。私は、そんな使い方をさせて頂いています。
30代で差がつく50の勉強法 中谷彰宏 ダイヤモンド社 冒頭に記されている「疲れたから勉強でもするか」という言葉にのっけからやられました。日々の勉強や仕事で疲れた心身を癒してくれる提案であふれています。まさにココロのビタミン剤となる一冊。30代でない人もどうぞ。
ドラッカーが語るリーダーの心得
成功を手にするプロフェッショナルとは
小林 薫 青春出版社 ドラッカー本に挑戦してみたが難し過ぎて諦めたという方にお勧めです。リーダーで無い人(部下のいない人)でも、自分をより良い道へ導いていくためのヒントが沢山得られると思います。  
仕事の道具箱 中島孝志 青春出版社 仕事でアイデアや、熟考が必要なときに頼りになる93個の”考具”をシンプル且つ分かりやすく紹介してくれます。それぞれの考具をあまり詳細に説明していないところが、個々人の考具の使い方に対する工夫を促す作用があると思います。タイトル通り、まさに道具箱と言える一冊。2004年の締めくくりと、新しい年のスタートに向けて幸先良い一冊。
水彩画関連
ビジネス書関連
2001年以前に読んだ本の中でお勧めする本
2002年に読んだ本の中でお勧めする本
2003年に読んだ本の中でお勧めする本
2004年に読んだ本の中でお勧めする本
ノンフィクション・
自叙伝、その他

Home Page

2017.1.1

タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
おカネの発想法 木村 剛 日本実業出版社 "サルでもわかる経済学"といった感じで、とても易しく経済学を説いてくれます。専門用語を並べた難解な解説を行う専門家と称する人が多い中で、その話の分かりやすさは、ひときわ際立っています。
ゼロから億万長者
になる法

誰にでもある金持ち
マインドの育て方
シャロン 
M,マグナス/
上田千春
飛鳥新社 タイトルが紹介するのをためらわせました^^;)が、人生目標の立て方や、よりよい生き方、考え方について、多くの示唆を得られるとても良い本だと思います。
MUST50 中谷彰宏 大和書房 人間は実に忘れっぽい生き物です。こういった本を周期的に読み返して、自分の考え方や行動を軌道修正する必要があると思います。
自分ブランドで勝負しろ! 藤巻幸夫 インデックス・
コミュニケーション
”自分ブランド”いい言葉の響きです。初の著書との事ですが、そうは思えません。変なアソビがなく、また出し惜しみも感じません。著者の人間力を感じさせる充実した内容です。
コトラーのマーケティング講義
基本コンセプト300
フィリップ・コトラー/
木村達也、有賀裕子
ダイヤモンド社 昨日まで差別化要因(優位性)であったものが明日には模倣されコモディティ化し値下げ圧力と化す超競争時代。この本で述べられていることと現在の情報技術、消費行動を照らし合わせて考えると、資本主義社会がドラッカー氏が言う「知識主義とも言える社会」へと急速に変貌しつつあることを肌身で感じます。また、ブランドイメージの持つ威力がこの本で、本当の意味で理解できました。
なぜ日本企業は負けるのか
「日本のものつくり」が世界で
通用しなくなったわけ
塚本 潔 オーエス出版 少し内容的には古い本ですが、ここに書かれている日本を取り巻く世界のビジネス構図は、今も変わっていないと思います。グローバル企業は、自分たちに有利なようにゲームのルールを創ったり、変える。企業や政府には、技術力・知識の向上と同じぐらい、先を見据えたしっかりとした戦略眼が必要だと思わされました。
きっと、よくなる!
人生はよくなるようにできている
本田 健 サンマーク出版 私達の生き方、考え方に新たなビューポイントを与えてくれる本。
2005年に読んだ本の中でお勧めする本
StressFreeWaterColorPainting
2006年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
知の巨人ドラッカーに学ぶ
21世紀型企業経営
一条真也 ゴマブックス 著者は、ドラッカー本を丹念に読み込み、その内容を実践しているお方。読み始めは、ドラッカー本の内容そのままと感じましたが、読み進めるうちに、内容をよく租借して、短くきれいにまとめられていることがわかりました。ドラッカー本の入門書として、復習本として、また、次に読むドラッカー本選びの参考にもなると思います。
創造する経営者 P.F.ドラッカー/
上田惇生
ダイヤモンド社 組織を変革したい人々に道筋を示してくれる本。ただ読むだけでなく、自分の中に眠っているアイデアを曳き上げるためのツールとして使いこなせるようにしたいものです。この本、1964年に書かれたものなんですが、今でも充分新しい・・凄い。 1964年の著作。
オシムの言葉 木村元彦 インターナショナル サッカーに詳しくない方でも興味深く読める本だと思います。 人を指導する立場の方には是非とも読んで頂きたいです。必ず参考になることが書かれていると思います。読み直すたびに新たな気づきを与えてくれるタイプの本だと思います。
ああ正負の法則 美輪明宏 PARCO出版 人生は何かを得れば何かを失う。大きく成功すれば、落差も厳しい。楽をすれば、晩年を汚す。結局プラスマイナスゼロだと。身の回りを見回してみれは、思い当たるフシは誰にでもありますね。もし自分が大きな幸福を得たら、人にも沢山分けてあげたいと思います。2006年の締めくくりに良い本に出会えました。感謝。
  
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
マンダラ思考で
夢は必ずかなう!
村松寧雄 フォレスト出版 マンダラとは、縦に3マス、横に3マス、合計9マスの目標立案フォーマット。目標というと仕事の事ばかりになりがちですが、本書を読むと、社会とのつながり、家族、遊びなど、多面的な目標が見えてきます。
ドラッカー・エターナル・コレクション
現代の経営 上下
P.F.ドラッカー/上田惇生 ダイヤモンド社 理想的な組織を志向するならば、何十回も目を通すべき価値ある書。世界中の人々が40年以上に渡って、この本に唸らされ続けているのがよくわかります。 1954年の著作。
 「新装版」成功の法則
松下幸之助はなぜ成功したのか
江口克彦 PHP 単行本で数十版を重ねたというロングセラー。読んでみると、その理由がよく分かります。 著者は、松下幸之助さんの晩年22年間に渡って間近で薫陶を受けたお方。本書の全体に渡って、紹介したくなるエピソードが満載ですが、スペースの都合で紹介できません。是非とも一読をお勧めします。
2007年に読んだ本の中でお勧めする本
2007年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2008年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
成功するプレゼンテーション 箱田忠昭 日本経済新聞社 この本のおかげで、人前で何か話しをする場合の準備、方法、心構えなど、我流で通してきた事柄をチェックできました。 アウトプット志向の勉強にとって、大切なビューポイントを与えてくれました。  
非営利組織の経営 P.F.ドラッカー/上田惇生 ダイヤモンド社 意欲的に読み込むことで、ミッション、イノベーション、マーケティング、戦略の相関関係を俯瞰できる素晴らしい本。最終章あたりは金言の宝庫です。 1990年の著作。  
企業とは何か P.F.ドラッカー/上田惇生 ダイヤモンド社 本書は、1946年ドラッカーが36歳の時にGMでのコンサルタント経験を活かして書かれた意欲作。社会における企業の役割を説き、企業の社会的責任について述べられた最初の本。  
成功へ導く言葉 中村 天風 イースト・プレス 心に強いものを残してくれる本。  
アンディ・グローブ
(上)修羅場がつくった経営の巨人
(下)シリコンバレーを制したパラノイア
リチャード・S・テドロー/有賀裕子 ダイヤモンド社 マイクロプロセッサでIntel を強大な企業に押し上げた偉大なるパラノイア、アンディ・グローブの強靭な人間力に迫った本。  
最前線のリーダーシップ Ronald A. Heifetz, Marty Linsky/竹中平蔵,ハーバード・MIT卒業生翻訳チーム ファーストプレス 変革プロセスを生きながらえ、成功させるための人間関係の力学にスポットを当てたユニークな書。   
2008年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2009年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
産業人の未来 P.F.ドラッカー/上田惇生 ダイヤモンド社 産業を中心にして発達してきた近代社会の成り立ちを俯瞰できる本。100年に一度ともいわれる大きな断絶を前に、歴史から何がしかの洞察を得たい方にお勧めします。 1942年の著作。  
イノベーションのジレンマ クレイトン・クリステンセン 翔泳社 「多くの失敗は、そもそもの原因が成功にある」とはドラッカー博士の言葉。その原因を具体的な実例を元に紐解いた書。全ての成功した企業にあてはまる恐ろしい事実が記されています。個々人の仕事、現代社会にも当てはまると思います。  
ポスト資本主義社会 P.F.ドラッカー/上田惇生 ダイヤモンド社 ドラッカー博士は、本書で「現在の転換期は1960年頃のどこかで始まった。もしも、これまでの歴史通りに動くならば、この転換期は、2010年から2020年ごろまで続くであろう」という言葉を残しています。現在の混乱が過ぎ去った暁には、社会の様相は一変しているかもしれません。それが明るいものであることを望みます。 今後の社会を占ううえで、今まさに読まれるべき本。 1993年の著作。  
実践!プロジェクトマネジメント 中嶋秀隆・津曲公二 PHP研究所 最近は一つ一つの仕事がとても難しくなっています。 難しい仕事を整理しつつ着実に効率的に進めていくには、プロジェクト管理の技術が欠かせません。 この本では、プロジェクト管理の基礎をとてもわかりやすく学べます。  ★
2009年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら 岩崎夏海 ダイヤモンド社 物語の設定には不自然さを感じましたが、読み進めるうちに、物語に引き込まれ、いつの間にか『マネジメント』を楽しく学んでいました。高校生に読ませたい本です。  
実践するドラッカー[思考編] 上田惇生佐藤等 ダイヤモンド社 ドラッカー博士の名言と、その解説がなされており、各章の 最後には実践シートがついています。この実践シートがとても使いやすく、例に基いて「問い」に 答えていくことで、、誰もがドラッカー実践のための準備ができるようになっています。  
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2010年に読んだ本の中でお勧めする本
2010年に読んだ本の中でお勧めする本
お気楽水彩画 書店へようこそ! Amazon Shop
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
隷属への道 F.A.ハイエク 春秋社 社会主義、計画主義に傾きかけた国家が趨勢をしめていた時代に、その危険性を喝破し、多くの西側社会を自由主義へ振り向けた思想家。人生で初めて、哲学者・思想家の言論が社会を形作って きたということを感じさせてもらいました。政治家を志す人は必読本だと思います。今読まれるべき本。
 
使える経済書100冊 池田信夫 NHK出版 池田さんが政治・経済を取り巻く様々な事象に関して書評の形をとりつつ、自分の考えを述べたもの。だから、他のまじめな書評もの(この本もまじめですが)に比べて面白く読めるのかもしれません。    
ケインズ 吉川洋 ちくま新書 ハイエクの次はやはりケインズ!ということで読みました。やはりすごい人だったんですね。いまだに世界がケインズ的な政策論議、戦略から抜けられないのですから。。。  
サンデル教授の対話術 マイケル・サンデル
小林正弥
NHK出版 サンデル先生の哲学や、大勢でのディベートでの授業を進めるにあたっての秘訣など、多くの企業秘密?が明らかにされています。サンデル流を知る上でうってつけの本。  
日本を創った12人 堺屋太一 PHP新書 いわゆる日本人的な意識や思考習慣が形作られてきた、その原点をひも解いて見せてくれます。なかなかに面白いです!  
グローバル恐慌 浜矩子 岩波新書 今更ながらリーマンショックの主原因であるCDSができた背景、問題点がよく理解できました。  
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2011年に読んだ本の中でお勧めする本
2011年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
お金の流れが変わった! 大前研一 PHP新書 世界のお金の流れ、ビジネスのルールが劇的に変わっているとのこと。新興国の状況について書かれていて、情報源として面白い本。日本は相当乗り遅れているなと思わされます。  
日産 驚異の会議 漆原次郎 東洋経済新報社 IDEO的な、ブレインストーミングの手法を、きちんとした日産風の会議手法にまで高めて、実際に運用されているようです。とても参考になります。  
ランチェスター戦略「弱者逆転」の法則 福永雅文 日本実業出版社 現在の競争戦略にそのまま当てはめるのは難しいかもしれませんが、これを知っておくのは一つの嗜みだと思います。   
挫折力 冨山 和彦 PHPビジネス新書 挫折のもたらす負に見える局面をどのように正しい方向に転換してゆくか。著者が企業再生で培った物事の本質を見抜く力をおすそ分けして頂ける本。  
天風に学ぶ成功哲学 渡部昇一 致知出版 人生は心一つのおきどころ。心を正しく使って生きる事の大切さを教えて頂きました。  
ヒルティに学ぶ心術 渡部昇一 致知出版 ヒルティの『幸福論』に渡部さんが解釈を加えてくれています。渡部さんが翻訳された修養書には優れた本が多いと思います。来年は原書の翻訳版を読みたいです。  
幸田露伴『努力論』を読む 渡部昇一 三笠書房 幸田露伴『努力論』を渡部さんが現代語訳した作品。渡部さんの座右の書とのことですが、うなずけます。本書で「惜福」という概念を初めて知りました。やはり人の一生における幸福・不幸の量というのは同じなのですね。  
一生かかっても知りえない1億円思考 江上 治 経済界 1億円思考というタイトルは内容にそぐわない気がしますが、2012年を振り返り、内省するのにとても役立ちました。  
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2012年に読んだ本の中でお勧めする本
2012年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
ハイコンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 ダニエル・ピンク/大前研一  三笠書房 ハイコンセプト、ハイタッチ・・2006年に本書が出版された時には、よく理解できていなかった(汗)。現在、社内で強く生き残っている人たちは、これを体現できていると思います。  
リバース・イノベーション新興国の名もない企業が世界市場を支配するとき ビジャイ・ゴビンダラジャン、クリス・トリンブル/渡部典子 ダイヤモンド社 先進国の技術を発展途上国に適用するのは、先進国の辿ったの発展形態とは全く異なる。それをどう途上国に適用し、グローバルの展開に利用してゆくかというお話。まだローカライズ的な発想から抜けてないが、興味深い部分。  
世界を変えた10冊の本 池上彰 文藝春秋 アンネの日記からはじまり、聖書、コーラン、種の起源・・・等々ヨーロッパ起源の人たちの宗教観に関わる事項を大掴みに理解することができました。池上さんの解説は素晴らしい。  
アップル帝国の正体 後藤直義、森川潤 文藝春秋 アップルのことがよくわかりました。   
沈みゆく帝国 ケイン岩谷ゆかり/井口耕二 日経BP社  
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2014年に読んだ本の中でお勧めする本
2013年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2013年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
世界で勝負する仕事術 竹内健  幻冬舎 東芝でFlash Memory 黎明期に開発わり、MBAを取得し、その後、大学教授に転身した異色の経歴のもちぬし。常に先頭を進もうという気概を感じさせるお方です。  
ビジョナリー・カンパニーC ジム・コリンズ 日経BP社 不確実な条件を生き抜くための方策について語られています。実証実験、毎日同じだけ進む、運の利益率、レシピの作成と更新・・・などなど。  
2022- これから10年、活躍できる人の条件 神田昌典 PHPビジネス新書 この息苦しい時代、正解がない時代に、今何をするべきかヒントをくれたり、背中を押してくれるような本。  
 
2014年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2015年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
ジョナサン・アイブ リーアンダー・ケイニー/関 美和 日経BP社 デザインに完璧さを求める姿勢は、凄いものがあります。好きこそものの上手なれ。  
錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考 児玉光雄 楓書店 プロフェッショナルスポーツの現場で大切にされている準備、戦略、習慣、心構えなど全ての事柄は、我々が日々営む仕事、生活にも相通ずるところがあり、良いインスピレーションが得られました。  
エディージョーンズの言葉 柴谷 晋 ベースボールマガジン社  
グラディオラのサッカー哲学 ファン・カルロス・クベイロ、レオノール・ガジャルド/今井健策 実業之日本  
2015年に読んだ本の中でお勧めする本
2016年に読んだ本の中でお勧めする本
Amazonの書評へ行くには、★印をプチっとすると飛んでいけます。小さい商品タグが表れた場合は、本の写真の部分をクリックしてみてください。
2016年に読んだ本の中でお勧めする本
タイトル 著者/翻訳者 出版社 My comments Amazon書評
10年後、生き残る理系の条件 竹内健 朝日新聞出版 多面的な視点で、10年後も生き残るための条件を示唆してくれています。いくつになっても、しなやかに変化に対応できて、成果を生み出し続けられる存在でありたいですね。  
日本の論点2015〜16 大前研一 プレジデント社 大前さんの話には、いつも情報やヒントがたくさん詰まっており、これが触媒となってアイデアや妄想が膨らみます。
inserted by FC2 system